Re:サイクルバンク

「Re:サイクルバンク」とは?

子どもの成長に伴い、不要になってしまった自転車。
パンクしたまま、もしくは一部壊れた状態となって、物置にしまっている方もいるかもしれません。廃棄してしまえば、ただの鉄くずのゴミですが、壊れた部分だけを修理すれば、まだまだ使えるものもいっぱい。

「Re:サイクルバンク」は、そんな自転車を各家庭から寄贈してもらい、貧困家庭等、必要としている子どもたちに無償で提供する活動です。
とはいえ、この活動を進めていくためには、寄贈いただく自転車はもちろんのこと、その自転車を保管、修理し、配送するための資金が少なからず必要となります。

寄贈いただく方にも、提供していく家庭にも、その負担をかけず、この活動を進めていきたい。そのために、皆様のご理解・ご協力が欠かせません。
この活動を知って、共感いただけましたら、どうぞわずかでも構いませんので、以下の形でご協力をお願いいたします。

実績

2019年12月 4台(活動報告

《お願い①》


自転車の寄付
まだ使用できる子ども用三輪車・自転車大募集!!
幼児が使用する三輪車から補助輪付き自転車、小中高生が乗るようなものまで、今現在お使いになっていない自転車がありましたら、ご連絡ください。

●自転車の所有者が本人またはご家族のもの
●走行可能な自転車 
※走行できない場合はご相談ください。破損状態の程度により、引き取りが可能な場合もあります。
※状態の確認のため、画像の提供をお願いする場合がございます。
●インチ数もご連絡ください。

《お願い②》

活動への寄付
本プロジェクトへのご寄付をお願いいたします。
自転車の修理にかかる予算は、大体1台当たり数百円~数千円(パンク、ペダル交換、サドル交換等)を想定しています。その他、配送にかかる費用も予想しています。
活動を長く続けていくためにも、数十円~でもかまいませんので、ご寄付をお願いいたします。

《寄付先》

GMOあおぞら銀行 法人第二営業部(102) 1020393
特定非営利活動法人まちづくりMossaworks

《ポルカ》

https://polca.jp/projects/5bGahEr7wSS

《お問合せ》